2018年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018年4月20日 金曜日

明日の事&先の事

 本日は国分寺崖線上にある武蔵国分寺公園(こもれび広場)で、6月3日(日)に開催される「てのわ市」の説明会に行ってきました。かなり大掛かりなイベント。
 
 雨の場合は中止になりますが、一番心配なの風。場所(西国分寺と国分寺の南側の真ん中)が国分寺崖線の上のところにあるので、説明の間中ずっと風が吹いておりました。(^_^;

 180420_2.jpg
 
 
 で、明日21日土曜は高円寺猫の額さんで軒下出張販売をします。12時過ぎぐらいからスタートします。暑くなりそうですが、猫の額さんは日陰なので安心です。
 
 180318_2.jpg

 立体は渡辺せつ子さん、さかうえだいすけさん、茶柱立太さん、フリカエル人生さん、海の森さん、聖 悟さん、しっぽさん。
 それから関根庸子さんの猫手ぬぐい、日下祥子さんの缶バッチも並びます。

 ポストカードは茶柱立太さん、かわかみ味智子さん、中村景児さん、はせがわかこさん、東雲騎人さん、オダナヲコさん、深津真也さんと他では絶対に並ばないメンバーで攻めます。
 
 
 180419_2.jpg
 (C)しっぽ聖悟

 21日土曜は是非、猫の額さんまで遊びに来て下さい。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:29 |

2018年4月19日 木曜日

納品&軒下出張販売

 いよいよ明日から暑くなりそう高円寺。そんな高円寺猫の額さんに茶柱 立太さんのポストカード19種類を2枚ずつ納品。前回の個展で買いそびれたかは、お早めに猫の額さんにお越しください。
 
 
 170316_1.jpg
 
 
 それから今週の21日土曜は猫の額さんで軒下出張販売をします。12時過ぎぐらいからスタート。
 
 180318_2.jpg

 立体は渡辺せつ子さん、さかうえだいすけさん、茶柱立太さん、フリカエル人生さん、海の森さん、聖 悟さん、しっぽさん。
 それから関根庸子さんの猫手ぬぐい、日下祥子さんの缶バッチも並びます。

 ポストカードは茶柱立太さん、かわかみ味智子さん、中村景児さん、はせがわかこさん、東雲騎人さん、オダナヲコさん、深津真也さんと他では絶対に並ばないメンバーで攻めます。
 
 
 180419_1.jpg
 (C) 茶柱立太・立体

 21日土曜は是非、猫の額さんまで遊びに来て下さい。(雨&強風の場合は中止になります)

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:00 |

2018年4月17日 火曜日

茶柱トリプルブッキング!

 よせばいいのにと、いつも思うのですが、茶柱 立太さんの得意技トリプルブッキング!たまごの工房企画「お伽の物語 展」・錆猫ギャラリー企画展「猫!ねこ!ネコ!展」・【妖店百貨展&昭和なつかし堂 新宿出張所】三連発です。

 尚、錆猫ギャラリー企画展「猫!ねこ!ネコ!展」は4月22日(日) までになります。
  ‏


 たまごの工房企画「お伽の物語 展」茶柱 立太さん参加中!
 
 180417_2.jpg
 会場 : 東京都杉並区高円寺南3丁目60−6
 期間 : 2018年4月18日(水)~29日(日) 月曜休廊
 時間 : 12:00~19:30 (日曜日18:00)
 
 
 
 錆猫ギャラリー企画展「猫!ねこ!ネコ!展」茶柱 立太さん参加中!
 
 180417_3.jpg
 会場 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33-1
 期間 : 2018年4月7日(土)~22日(日) 12~19時営業(※火曜休業)
 時間 : 12:00~19:00
 
 
 
 【妖店百貨展&昭和なつかし堂 新宿出張所】茶柱 立太さん参加中!
 
 180417_4.jpg
 会場 : 新宿マルイアネックス 7F 東京都新宿区新宿5-16-4
 期間 : 2018年4月11日(水)~5月7日(月)
 時間 : 11:00~21:00 (日・祝は20:30まで)


  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:46 |

2018年4月16日 月曜日

中村景児

 ヒマをしていたら、そんなにヒマならカードを作りなさい!と、中村景児さんから制作の依頼をうけました。ありがとうございます!

 中村景児さんが京橋ギャラリー オル・テールでのグループ展「いろどり屋」に参加されます。4月19日スタートです。
 
 
 180416-fishing.jpg
 (C) 中村景児・新作「fishing」

 中村景児さんがグループ展「いろどり屋」に参加されます。
 
 180416_1.jpg
 場所:ギャラリー オル・テール 東京都中央区京橋1-6-10 ミカタビル地下1階
 日時:4/19 ・20・ 21 (木金土)26・27・28 (木金土)変則的日程になります。
 時間:13:00~19:00 最終日17:00
 参加者:中村景児/井関周/井出三太/上原柳二/大橋広史/岡田富士子/川村美佳子 

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 17:46 |

2018年4月15日 日曜日

ナナフシ四変化

 店主が虫で一番好きなのはナナフシ。どこが好きかと言えば何もしない生き方。敵が来てもジッとして動かない。木の枝のフリをして去って行くのを待っている。無抵抗主義的?なところが好きです。

 10年ぐらい前までは自宅の庭にもいましたが、最近はほとんど見ない。残念!

 で、本日は鳩の巣渓谷で出会ったナナフシモドキ(ナナフシ) の幼虫をご紹介。
 
 
 180415_1.jpg
 まずは葉っぱにぶら下がるナナフシモドキ。
 
 
 180415_2.jpg
 疾走するナナフシモドキ。のんびり屋だと思って思っていたのですが、小さい時はこんなに素早く動くとはビックリ。
 
 
 180415_3.jpg
 空中に浮いてるのではありません。蜘蛛の巣を器用に渡るナナフシモドキ。蜘蛛の糸が見えるかな?これにもビックリです。
 
 
 180415_4.jpg
 で、これが今回一番のお気に入りナナフシモドキ。
 
 
 180415_5986.jpg
 オマケはシモフリシマバエの仲間。危うく見逃すところでした。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 19:11 |

2018年4月14日 土曜日

鳩の巣渓谷

 溜まった澱を洗い流す為に、昨日、今日と奥多摩の鳩の巣渓谷とその周辺を徘徊してきました。マジに新緑がきれいでした。
 
 
 180414_1.jpg
 昨日はこの写真の鳩の巣渓谷を徘徊。水際まで降りるのに吊り橋をわたり、川沿いの凸凹散策路をフラフラと歩き回って楽しんできました。
 
 
 180414_2.jpg
 岩の上に座って川の流れをぼんやり見ていたら、キセキレイかな・・・日向ぼっこをしておりました。
 
 
 180414_3.jpg
 イワギボウシという名前は知ってしましたが、本当に岩の隙間に自生するギボウシを初めて見ました。面白いな。(⌒-⌒)
 
 
 180414_4.jpg
 荒ぶるヤマフジ。どれが元の木なのかほとんど判別が付きませんでした。
 
 
 180414_6.jpg
 オマケは岩の上に転がる大小の日本刀!見つけた時はギョッとしましたが、川下で時代劇の撮影中。岩の上に忘れたようです。(・・)/"

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 18:26 |

2018年4月12日 木曜日

1983年

 長く生きているといろいろな事があります。有り過ぎてさっさと忘れたいといつも思うのですが、そうは簡単に忘れる事ができないのが世の中の常・・・と、ここまで書いてため息がでます。

 でも、そろそろケリを付けないと、ある日突然に石塚個人の闇の中に消えてしまうのも悔しいナ・・・と、ここ半年間の間、どうしようかと悩み続けた1983年に作った実験映画「STORY OF BANANARIANS」。サンスケこと藤井 義之と作った作品。音楽のセレクトはサンスケがしました。

 今から35年も前に八ミリフィルムで撮った作品。映写機を二台並べて映写した。ビデオカメラなんて誰も持っていない時代に動画と言えばこの方法しかなかった。また、著作権の概念なんてどこにもなかった時代。好きな映像と音楽を勝手に組み合わせて作った。だから厳密に考えると今の時代に合わないはずです。

 最初の70秒ぐらいはUさんがドミニカで撮ったビデオが入っている。たぶん1990年頃のサンスケの動いている姿。それから後が1983年のサンスケの姿となります。

 最初はこの「STORY OF BANANARIANS」を編集し直そうと考えたのですが、考えれば考えるほどに、何もしない方がいいという結論になりました。それでもYouTubeに上げるのには精神なハードルが高く、悶々と悩んでおりました。

 ただ一つだけ我慢がならないのはYouTubeにサンスケという人間が存在した言う動画がないと言う事。もしサンスケこと藤井 義之が生きていればガンガンにYouTubeへアップしたと石塚は確信している。

 でも、それも今となってはそれは儚い夢。そしてこれでこの映像が今後いつまで残り続けるかは、石塚の埒外ということになるのかな・・・


 STORY OF BANANARIANS


 バナナリアンズ・Animals


 バナナリアンズ・ Comedy


 藤井 義之(サンスケ)

1955年 岡山県上房郡北房町下砦部にて藤井家長男として生まれる。
1974年 明治大学農学部入学。世田谷区下北沢在住。
1975年 バンド"リラックスユアマインド"参加。
1976年 明治大学中退。
1978年 ニューウェーブバンド"BANANARIANS"を結成。以後、1984年まで東京を中心として多彩なライブ活動を続ける。
1979年 雑誌「イラストレーション」チョイスに入選。世田谷区喜多見在住。
     アスピリンレコードよりソノシートシングルを出す。
1982年 テレグラフレコードよりLP『BONER』BANANARIANSを発表。
1983年 "ポマード"ホットチョコレート""chingislOO"等、バンドおよび
     ユニットの結成、解散を繰り返す。世田谷区経堂在住。
     実験映画『STORY OF BANANARIANS』サンスケ&石塚善雄と共同制作。
1984年 ソロカセット『A DAHLIA』を制作。以後、音楽活動を休止。
     アートグループ"FIGHT OFFICE"を結成。
     10月 作品集『THE FIGHT』を制作。
     11月 バンド"くじら"の舞台美術を担当。
1985年 池袋、東洋画廊にて第1回FIGHT展。パルコ、オブジェ展に入選。
1986年 新宿にてARTBAR"SANCTURARY"を始める。店内のオブジェ、テーブル、環境スライドを制作。
1988年 3月 白山PLUS ONEギャラリーにて第2回FIGHT展、
     『THE FIGHT EXHIBITION′88 3WEEKS SESSION』を行う。
     ロックバンド"マルコシアスパンプ"および"パレット"のLPジャケット制作。
     5月 ドミニカ共和国へ出発。
1991年 3月9日 ドミニカ共和国、サントドミンゴにて自死。
     ドミニカでの活動については殆ど不明。多数の作品だけが残されていた。

1992年 3月新宿八月杜ARTにて、遺族がドミニカから持ち帰った作品などをもとに回顧展をする。


 実はこれ以外にも藤井 義之(サンスケ)の作品や画集が秘密基地には埋もれています。誰かこれらのモノを引き継いでくれる人がいないかな・・・石塚が消えてしまう前に。

  パーマリンクのボタンを押し、ページを移動して、ツイートするとタイトルが表示されます

投稿者: 店主 日時: 16:34 |